アンヘルさんの幻の斧

日記を書く前に

幻の斧とありますが、普通に売ってます(;^ω^)

と言うのも、動画では出てこないアイテムでしたので、幻の斧として紹介します。

2017年ごろに買っていた斧です。

この先も、たぶん動画に出てくることはないと思います。

それが

f0323645_20414246.jpeg
こちら

薪割台も制作していたので、非公開日記を公開しました。




ちなみに、1つ前の日記になります。

せっかくなんで、保護するのも作って見ました

作る前に画像検索で調べて見ると、パラコードを巻いて保護してるみたいですね。

僕は余ってたレザーで作って見ました。

レザーは2㎜のオイルレザーです。

f0323645_20415265.jpeg
まず諸々作業して

f0323645_20420040.jpeg
だいたい完成

f0323645_20421891.jpeg
レザー紐が余ってたので、コレを使います

f0323645_20421070.jpeg
紐を通して行く

f0323645_20424018.jpeg
f0323645_20430598.jpeg

f0323645_20423391.jpeg
f0323645_20422617.jpeg
f0323645_20425895.jpeg
こんな感じの仕上がりです。

上手く出来ました(*^▽^*)

相方の山にて、薪をくすねてきた( *´艸`)

薪割台が重いので、持って行きませんでした。

そうしたら、かぁ~ちゃんが、徐に薪割台を出してくれた✨✨✨

今日が初使い(;^ω^)

やはり斧の方が薪割り作業早いですね。

画像にある薪をブロンプトンに載せて行くんだ(^^)v

動画で斧を振り回すシーンは、まずないと思います。

単純に斧が似合わないから(笑)

斧は白鬚の渋いおじ様が使って欲しいイメージです。

例えるならサンタクロース見たいな人

そんな人が使ってるとカッコ良いですよね😊

f0323645_20425055.jpeg
刃のカバーと同じ色が良かったかな?

まぁ~保護と言うことは傷む物だからいいか(^^)

生地から買うのも、お金掛かるし(;^ω^)

それではまた


# by bigfish333 | 2019-02-17 21:10 | レザークラフト

ニッキの木で薪割台自作

f0323645_15184323.jpeg

2017年11月23日の30秒ぐらいしか公開しなかった日記( ´ ▽ ` )

今更公開編


コネクションを使いニッキの原木(シナモンの香りがする)をいただき、チェンソーで、丸太化したものを頂きました\(^o^)/

まずナイフで樹皮を剥ぎ(画像では、すでに剥いだもの)

皮の裏面は湿気がありカビていたし幼虫も沢山いた( ゚Д゚)なので乾燥後カンナで全体を削り、、細かなとこはナイフで削りました

最後に木工紙ヤスリの粗目から細目で仕上げた感じです

乾燥に2日と作業に5時間掛かりました

それにしても疲れた~

アナログな方法では、もうしたくないかも(>_<)

これが正しい仕方なのかは不明です。自己流でアレンジ

皮のまんまだと木はどんどん傷むらしいです。

仕上げに防虫剤を塗れば良いテーブルにもなりそう(*´ω`*)

薪割台だったらそこまでしなくて良いかな~?

あと重いし、すっごい硬い

適してるかどうかは別として、ニッキの薪割台はかなり珍しいらしく希少らしいです。

そして匂いも良い

薪割しながらシナモンの匂いが漂ってくるなんて素敵じゃないですか(^^♪

薪割台があると言うことは・・・

どうせなのでグレートアックスも手に入れました(≧▽≦)

使う日が楽しみです

それではまた。

# by bigfish333 | 2019-02-17 20:46 | ちょっとした物作り

たまには、こんな気の抜けた朝も良いんじゃない

f0323645_11331371.jpeg
家でアウトドア道具を使う

f0323645_11395434.jpeg
マグカップは結局のところMSRの出番率が80%だ

使いだして、4年以上になった

400mlで丁度良い

シングルウォールなので、ちょっとしたお湯沸かしに活躍する

持ち手が、こじんまりしている理由は、火が当たらないようになっている

知らない人も多いと思う

f0323645_11432687.jpeg
ベコベコになるほど、カッコいいチタンマグ

金属には、デニムパンツと同じ匂いがする

しかし、理想のマグとクッカーにたどり着くのは、近くて程遠い気がする

そう思います。

f0323645_11394081.jpeg
ウィンドマスター最強説

f0323645_11402000.jpeg
エスプレッソを家で、淹れる時間♪

エスプレッソマシンと比べると美味しくは出来上がらないだろう

でも、小さい道具で楽しめる優越感

日々の生活を縮小したママゴトのような感じが、非現実感を加速する

f0323645_11403236.jpeg
そんな時間がヒントに繋がることもある

f0323645_11433740.jpeg


お店の前で、缶コーヒーを飲んでるときに

「毎日が同じことの繰り返しなんです」

そんな相談を受けたことがあります。

僕はこう返した

それなら、いつもの道を敢えて遠回りしたり、いつもの流れを少し崩してあげたらと

同じ流れに、乗っかり続けると、いつのまにか時間だけが過ぎていた

つまり、リピート再生しているだけになる

どんなに気に入った曲も毎日リピート再生していると飽きてくると思う

それなら少し曲を変えても良いじゃんと(^^)

それが、良かれ悪かれ変化を生む

一週間後に感想を言ってくれた。

「生活に潤いが出てきたと嬉しい話が返ってきた」

実行する人としない人では、全然その後が違ってきます。

ちいさな積み重ねが大きな変化を生むと思うのです。

f0323645_11332309.jpeg
まぁ~そんな昔の記憶を思い出した、朝であった。

自分自身に言い聞かせる機会になったのかな(´∀`*)ウフフ

SOTOのOD缶が無機質よりなので、チタン系と良く似合います

さて薪を回収しに行こう(^^)/

それではまた


# by bigfish333 | 2019-02-17 12:30 | ぼやき

いよいよ ブロンプトンかな・・・


f0323645_11455024.jpeg

キーはコレ(´∀`*)ウフフ

ある程度、案がまとまってきた。

ビビィが思いのほか良かったので、B作戦に移る

最初の坊がつるビビィ泊は、あくまでも試験的にプレイしてきた

となれば、次は応用編だ( ̄▽ ̄)

自分の培ってきた全てを注ぎ込むつもりで遊んでくる(`・ω・´)ゞ

次回を待て

それではまた




# by bigfish333 | 2019-02-16 01:58 | ブロンプトン

ビビィ泊で挑む【テントなし】 雪中ソロキャンプ【I went to a wild Bivi snow camp】真冬の環境下で一夜を過ごす。

f0323645_12134902.jpeg
ついに、念願の冬山で一晩過ごすキャンプに行ってきました。

数々の経験が出来て、僕自身の基準値がレベルアップしました。

動画もアップしてます。

詳しくはこちら



ひとまず進んで行きましょう

f0323645_12135954.jpeg
地味に霜柱フェチです。

触ったときの、シャランシャランした感触がたまりません。

f0323645_12141037.jpeg
滝の氷柱感が良い雰囲気でした。

もう少し寒ければ、立派な、つららになりそうです。

f0323645_12142021.jpeg
そしてお茶タイム

前回はアイスを食べました(^^♪

f0323645_12143046.jpeg
ほっと一息

f0323645_12144272.jpeg
道を進んで行きます。

f0323645_12145384.jpeg
見えてきました

f0323645_12150406.jpeg
ふぅ~気持ちが良い

f0323645_12151475.jpeg
そこで、こんなことをしてみました。

「歩きビール」

たまらんです(´∀`*)ウフフ

f0323645_12152564.jpeg
今回の装備内容

f0323645_12153537.jpeg
動画ではない情報もチラホラ出てるのがブログ版です。

実は、iPhoneで写真も撮りながら行ってたんです。

f0323645_12154745.jpeg
設営完了

いや~お手軽です。

f0323645_12155824.jpeg
またしても、ホッと一息

f0323645_12161815.jpeg
スポーツようかんを食べながら

f0323645_12162832.jpeg
まったりするのです。

動画をちょいちょいサボりながら遊んでました(笑)

「ブログ」「YouTube」の時間を楽しむ

特別な回になったような気がします。

今度は動画無しで行きたいですね。

もっと軽く出来るし

自然をドップリ楽しむんだ(*^^)v

f0323645_12163863.jpeg
激うまな自家製インスタント料理です。

f0323645_12165023.jpeg
ご飯は今回コレ

単純に燃料節約と確実に食べれるから(*´Д`)

f0323645_12170478.jpeg
そしてビビィの中に潜り込みました

広いです。

f0323645_12171585.jpeg
空を見上げながら

f0323645_12172452.jpeg
星を見る

ビビィのドアが額縁になって夜空を独り占め

そんなロマンチストな言葉は似合わないけど、そう思いました。

iPhoneで頑張ってギリギリ写りました(;^ω^)

f0323645_12173468.jpeg
気温は予定通りの-6℃

f0323645_12174493.jpeg
凍てついてます

f0323645_12175442.jpeg
勝手に凍ります。

f0323645_12180398.jpeg
いやはや、貴重な経験である

f0323645_12181490.jpeg
そして、猛烈に雪が降りだしたのです。

f0323645_12184263.jpeg
朝方

f0323645_12191233.jpeg
f0323645_12190176.jpeg
f0323645_12182760.jpeg
うぉ~積もってた( ゚Д゚)

この感じ

たまりません

ビビィの中で一晩過ごした感想

「暖かかった」

なぜ?

考えてみたんです。

それは広さじゃないかなと、単純に狭い部屋で気密性が高ければ、暖房つかったとき暖かくなるでしょ

つまり、自分の吐息が暖房になるのだと思いました。

おまけに生地がeVentと言う特殊な生地のため透湿性が高く結露しにくい

朝方起きたら、アレ!? あんまり濡れてないぞ

最初、結露したのが凍ってるのかな?と思ったけど、時間が経っても水滴に変わりませんでした。ただ生地がしっとりしてただけです。だからと言って外の水滴が落ちることもない。結露してたのは、自分の顔の下らへんでした。

(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪

これなら気持ち良くビビィ泊が出来そうだ

可能性広がる

国内のビビィ取り扱い店を見て見ましたが、希望とするものがなかったです。

1 蚊帳付き

2   広さ

3   重さ

4    色

5   価格

 そして、Exped BivyBag eVent PUは国内で、まるで情報がなく取り扱ってなかったです。でも公式みたいなとこで、日本語表記があったので、直なら買えるのかも(^^♪ と言うより、そのサイトが国内かもしれません

ただし売り切れです。もう少し軽いエアーと言うモデルがあります。しかし価格が・・・

PUでも、それなりの値段ですので、まずはこの辺りから攻めて見るのが正解かと思います。

ただ、日本でビビィってあんまり売れないのかな~て思いました。

だから取扱店が少ない

普通に考えたらテントの方が快適ですよね💦

でも、僕は自転車キャンプもするので、軽さは命です。

取り合えず寝れれば良いんです。

独活の大木ですが、多少の不快的な部分は頭で考えます(*´ω`)

便利な道具を使ってて、こんなこと言うのも可笑しいですが、その「考える」って言う行為が、楽しいです。

f0323645_12193916.jpeg
まず起きたらすること

片付けです。

f0323645_12194912.jpeg
そして水分補給

f0323645_12195852.jpeg
ギシギシと雪を踏む音が、クセになります。

f0323645_12200933.jpeg
スッキリ整頓

f0323645_12201885.jpeg
テンサーアルパインも優秀でした。

こっそり色々準備していました。

f0323645_12202747.jpeg
ビビィが巨大な椅子になります

これまた便利

f0323645_12203763.jpeg
ついついYouTubeに集中すると、撮り忘れて、ほとんど食べ終わったあとに撮ると言う(;^ω^)

食べ終わり

f0323645_12204656.jpeg
帰宅します。

しかし年取ったな~

ほげほげしてます。

f0323645_12205594.jpeg
この草原を歩くのも楽しい

f0323645_12210762.jpeg
ここを越えたら

f0323645_12211687.jpeg
まるで、山の頂上に登ったかのような写真

これぞ詐欺です(笑)

f0323645_12215065.jpeg
f0323645_12223751.jpeg
f0323645_12224660.jpeg
f0323645_12225372.jpeg
軽アイゼン装着

f0323645_12230229.jpeg
誰も、まだ歩いてないようです。

f0323645_12232119.jpeg
あるのは

ケモノ~だけ( *´艸`)

f0323645_12231318.jpeg
転がり落ちたら

巨大な雪だるまになるだろう

f0323645_12232953.jpeg
なんだか美味しそうだ(/ω\)

f0323645_12234108.jpeg
ここが急な坂です

後はラクチンコース

まさに、ゆとり(笑)

f0323645_12235024.jpeg
行きは必要なかったけど、帰りに手袋の出番がありました(*^^)v

ロープが冷たすぎたのです。

持って来て良かった、公文式

f0323645_12235944.jpeg
ふぅ~

f0323645_12240960.jpeg
この水路が見えたらゴールです。

f0323645_12241729.jpeg
いやはや、軽アイゼン大活躍

まったく滑りませんでした\(^o^)/

タコ捕まえたみたいになってるけど(笑)

この顔にイラっとした方すいません(*´▽`*)

f0323645_12255271.jpeg
最終的なデータはこちら

近い感じがするけど中々の距離なんだなと思いました。

いや~次は春先のブロンプトンキャンプかな~?

その前にも色々遊び行くと思うけど

楽しみだ\(^o^)/

それではまた






# by bigfish333 | 2019-02-14 14:09 | アウトドア